フォーカスシステムズ

滝沢こずえオフィシャルブログ 一意専心

今シーズンのビッグレース!!全日本選手権の結果報告

シーズンインしてから2ヶ月半が経ち、やっとの思いで3レース目を迎え、無事に終えました!
タイトルにもあるように、今シーズンのビッグレースは、第99回全日本スキー選手権大会(以下、全日本選手権)です。

前回のブログでも紹介しましたが、新潟県十日町市で行われた今回の全日本選手権は、2月末からドイツにて開催される世界ノルディックスキー選手権大会(以下、世界選手権)の選考レースとなっていました!!

3日間に渡る激闘の末、総合順位の上位2名が世界選手権に選出される今大会は、誰にでもチャンスがあり、出場した全選手がかなりの気合を入れていたように感じます。

もちろん私もその一人でした。

結果は…

  • 1/29 1.3kmスプリントフリー…7位(予選5位通過)
  • 1/30 クラシカル5kmマス…12位
  • 1/31 パシュート10kmフリー…9位
  • 3日間の総合…9位

という結果で、世界選手権には出場できません。

2日目に大きく出遅れてしまい、そのまま上位に絡めずに終わってしまった全日本選手権は、悔しいの一言では表せませんが、悔しさが強いです。

前回の世界選手権に出場しているので、またあの舞台で滑りたいという気持ちから純粋に「出たい!!」と思っていましたし、むしろ「出なければならない!」くらいに思っていましたが、実力不足です。

ビッグレースだっただけに、気持ちを高めて入念に準備をしてきた全日本選手権が終わってしまった今は、少し喪失感に襲われています。

ただ、何度全日本選手権を振り返っても、今シーズンの目標だった“世界選手権”へ行くことが出来なかった現実は変わりません。
だからこそ、切り替えて前を向かなければならないのです。

「悔しい」という感情は大きなエネルギーを生み、今後の原動力になるので、新たな目標に向かって頑張りたいと思います!!

3日間天候に恵まれず、大雪の中での全日本選手権となりましたが、早朝からコース整備をしてくださる方がいて、レースの前には少しでも滑りやすくするために何度も前走をしてくれた高校生たちがいました。

私が1秒でも早く滑れるように最高のスキーを仕上げてくださるワックスマンもいます。

コロナ禍でも“どうにかしてレースを開催する”という強い気持ちで、今大会を運営してくださった方々や、受け入れてくださった地域の方々もいます。

今回も多くの方々の協力のもと、レースができたことに感謝しています。ありがとうございました。

もっと強くなってまた世界の舞台で戦えるように頑張ります!!

2日目のスタート動画です。
マス(一斉)スタートなので迫力があります。ぜひ、見てみてください。

次戦は、2/13(土)に石川県白山市にて無観客ではありますが、クラシカル10kmレースです!
FISレースなので、FISポイント獲得にこだわって頑張ります!!

最後に、社会人クロスカントリースキーヤーが全国中学校スキー大会の中止を受け、中学生に向けたメッセージ動画を作成しました。私も参加したので紹介させて下さい(笑)
こちらからご覧下さい!

この動画を撮るときに、私は中学生たちの顔を思い浮かべました。
最初で最後の全国大会だった子もいたと思うと、貴重な機会が失われている現実に心が痛みます。

次々と中止になっていく大会に、嫌気がさすのは当たり前で、辛い競技だからこそ、ここまで頑張ってきたものをぶつけられる場所がほしいのです。

どうにもならない脅威的なウイルスの収束を待つことしかできない自分の無力さを痛感しています。

私が送ったメッセージの「まだまだこれから」「悔しい思いをした人は必ず強くなれる!」この言葉は自分自身にも言えます。

心が折れそうなときにこの動画が、少しでも踏ん張るきっかけになりますように!!
そして、まだまだこれからのクロスカントリースキー界を応援して下さい。
いつまで続くかわからないこの状況を、“みんなで”乗り越えていきましょう。