フォーカスシステムズ

齋藤悠オフィシャルブログ 滾る

PROFILE

齋藤悠

齋藤悠-YU SAITO-

身長
162cm
体重
57.5kg
出身地
神奈川県 相模原市
足のサイズ
25cm
趣味
ルービックキューブ。全面そろえるのが快感。
スケートだけでなく、ロードバイクでも身体を鍛えている。
ユニフォームのこだわり
ムラサキと白のツートーンカラーでスタイリッシュに!
※ムラサキはフォーカスシステムズのコーポレートカラー

AWARDS

2012年
第35回日本学生ショートトラックスピードスケート選手権大会 1500m 優勝
2013年
第26回ユニバーシアード冬季競技大会 イタリア大会 1500m 6位入賞
2016年
第71回国民体育大会冬季大会スケート競技会 1000m 3位

SCHEDULE

ある一日のスケジュール

  • 9:00 出社
  • 10:00 仕事の
    引継ぎ
  • 12:00 昼休み
  • 14:00 打ち合わせ
  • 17:45 退社
  • 18:15 練習開始
  • 19:00 基礎練習
  • 20:00 集団練習
  • 21:00 練習終了
  • 22:30 帰宅
  • 23:00 入浴・
    ストレッチ
  • 23:30 就寝

INTERVIEW

はじめは、前の人に追いつきたいという
一心でした

スケートを始めたきっかけが、5才の時の長野オリンピックです。その後スケートチームに仮入部してみたら、前で滑っている人に追いつきたいという思いが芽生えて、少しずつ練習を重ね、いつの間にか選手を志していました。
今はレース展開を組み立て、その通りに勝てるのが楽しいです。もちろん戦略通りにいかず、他の選手の転倒に巻き込まれることもありますし、滑りにくいスケートリンクで苦戦することもあります。でも、勝つか負けるかの瀬戸際で技術を出し切り、思い通りに勝てたときは気持ちがいいですよ。

齋藤悠

失敗した経験と向き合ったことで
大きく成長しました

今までで一番大きかった失敗が、高校3年生の時の世界ジュニア選手権の選考会です。ラストチャンスだったのに落選してしまい、すごくショックを受けました。でも、この経験で精神が強くなったんです。改めて自分を見直し、不要なことはすべて削ぎ落としました。
マインドを一新したことで良い意味で楽観的になり、気持ちが何かに左右されることもなくなりました。ショートトラックは一瞬のチャンスが大切なので、迷いなく決断できることが重要です。精神的に成長できたのは良い経験でした。

競技中の齋藤悠

左手のグローブ

オリジナルのインソール

カーブで手をつく時に指先を保護するものです。既製品もありますが、私の場合は野球のグローブに専用のカバーを接着剤で貼っています。

BEST FEELの靴

毎日の練習の記録をつけていた日記

“ベストフィール”というブランドを使っています。ブレードの微妙な状態は本人にしかわからないので、大学生の頃から自分で整備しています。

メダルやトロフィー

小学校6年生の時に初めて貰ったメダル

小学生の時にはじめてとったメダル(右)と、大学生の時の日本学生選手権のメダル(左)です。

MESSAGE

滝沢こずえ

幼い頃に憧れたスピードスケーターとしての自分。あれから数年がたち、皆様の応援を糧に、世界のあらゆるスピードスケーターに挑むための準備を進めています。自己技術をさらに磨き、自己ベストや日本記録の更新、その先にある大きな世界舞台を目指します。 フォーカスシステムズの一員として戦うことができる誇りと喜びを胸に、頑張りたいと思います。これからも応援よろしくお願いします!